2015年03月18日

また1つ

我が家の子ではないけど、友人のところの文鳥がお星様に旅立ちました。

2015/3/18の午前3時頃・・かな。

シルバーの小さな文鳥。
友人のところの子だけど、そのこを手乗りに育てたのはわたしで、忙しい友人のために手乗りにしてから彼に渡したのだった。

シルバーの子がいいという希望で最初買ってきた子は、不注意で死なせてしまって・・その後にまた買った子だった。

最初の子がすぐに亡くなってしまったこともあって、神経質に育ててしまったけど、すごくおとなしくて、人懐こくて、友人に渡すときには旦那も泣いてしまったほどかわいい子だった。

友人はすごく甘い人で、その文鳥・・そうちゃんがかんでも、いたずらしても怒らなくて、すごくかわいがって旅行にも連れて行ったりしていたし、そうちゃんのほうもすごくなついて・・

お店にいるときに羽を切られていてあまり上手に飛べなかったけど、それがなくてもきっとそうちゃんは外に出しても友人から離れないだろうなというくらいべったりだった。

わたしが遊びにいっても、すっかりわたしのことを忘れたように友人になついていて、すっかりよその子になっていた。


最初はそれほどじゃなかったけど、ここ数年、友人は出張ばかりで、3日に一度家に帰るだけで・・・それも一晩家にいることも泣く、そうちゃんの世話に帰るだけの生活になってしまって、それはそれできっとそうちゃんは寂しかっただろうなと思うけど、友人も移動で疲れているのに、長距離バスでついて、朝そうちゃんの世話をして、会社にいって、会社から家に戻って世話をして、またバスにのりにいく・・そんな無理をしてもかわいがっていた。


年は・・どれくらいになるんだろう・・そうちゃんをかって・・6年はたっていると思う。
7年くらいかな?
元々小さくて弱い子だったけど、ちょっと前からおとなしくしているときが増えたという話を聞いて、17日の昼に朝見たときにそうちゃんが座り込んでいるという話を聞いた。

17日、友人は決まっていた出張を取りやめ、そうちゃんのそばにいることにして、そうちゃんは差し出した友人の手に乗ってきて、そのまま抱いて過ごしていたらしい。


人の体温より、文鳥の体温のほうが高いから、本当は人の手に抱くよりも保温をしてあげたほうがいいのはわかっていたが、話の様子からそうちゃんがもう長くないのでは・・と思えたので、そうちゃんがしたいようにさせてあげるのが一番いいと思った。

きっと嫌なら自分のほうから離れるだろうし。

何時頃だろう・・夜中の2時過ぎ?くらいまで様子を見ていたようだが、友人も寝ることにして・・そうちゃんはそのまま手に抱いていたらしい。

つぶさないように注意して、電話を切ったのだが、4時前後だろうか、電話がかかってきて、そうちゃんがなくなったといった。
手の中で力が抜けたのがわかって、目が覚めたらしい。
(もともと深くは寝てなかったんだと思う)

うちのアルのときにも思ったけど


偶然だと思う人は思うだろうけど・・


動物は(人だってそうだと思うけど)命のぎりぎりまでがんばるんだな・・と。

ほとんど家にいることのなかった友人を、そうちゃんは待っていたんだなと思う。

朝になれば友人は仕事にはいかなければいけない。
そうちゃんは友人が帰ってくるまでがんばって、一緒にいられる間に友人のそばで旅立っていったんだなと思う。

そうちゃんが死んでしまったことはすごく悲しいけど、そこまでがんばれる飼い主のそばでその飼い主の手の中で旅立てたんだから、よかったねっていってあげなければいけないんだろうなと思ったのでした。

ニックネーム かすみ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 文鳥日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

お天気

雲は多いけど、日差しがさして今日は明るいです。

なぜかペットが死んだ日や翌日は天気のいい日が多いのですが、
こういうときの風景は、なぜか静かで、明るいだけ静かで、すごく寂しいです。



カテゴリーにうさぎや文鳥があるけど、我が家からはついにうさぎも文鳥もいなくなってしまった。

すごく寂しいです。
ニックネーム かすみ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 文鳥日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

きゅうちゃん

我が家にとって最後の文鳥であるきゅうちゃんが、今朝方なくなりました。

茶々の記事も放置しちゃって途中の段階で次に書く記事が、こういう記事なのは情けなく思いますが・・。

これで我が家にとって、第2次ペット黄金期とも言えた最後のペットがなくなったわけです。
(途中記事だけど、茶々は無事に戻ってきて元気です)


アルと文鳥のくうちゃんが、ほぼ同時期・・。

くうちゃんが1年後に飛び立ってしまって、
そのあと2ヶ月あとかな・・寂しさに耐え切れずにふうちゃんを飼って・・
友人に手乗り文鳥にしてわたすためにみうとキラを飼ったけど、事故でキラがなくなって、すぐに代わりのそうちゃんを育てて、無事に引渡し。

その後に、次女がどうしても欲しいとかった桜文鳥がきゅうちゃんでした。

だから・・

6〜7年くらいかな?
短いわけじゃないかもしれないけど、決して長いともいえない寿命だったかと思います。

次女にすごくなついていて、わたしが手を出しても怒ったり・・
けっこう怒りっぽい子で、次女にもよく噛み付いていたからわたしは手を出すのが怖くて、ほとんど子供任せにしていた子でしたが。

茶々に襲われて怪我をしたこともあり、一時はもうだめか><と思った子でしたが、その後も無事に生きてくれていました。
(病院にもいきましたが、わたしが思っていたより怪我はひどくなった)

もう・・1年くらいかな・・すっかり毛が白くなってきたな・・とか、足の力が弱くなってきたかな?と年を感じることが多くなってきていたのですが。

豆苗など葉っぱものがきらいで、入れてあげても全部落としちゃうし
ボレー粉もあまり食べなくて、食べなくても・・といれてあげていたけど・・やはり好き嫌いの激しい子で、本当に次女に似たわがままな子だったけど。


2014/8/26 夕方に様子を見ていた長女がわたしを呼んで・・
「なんだかきゅうちゃんがおかしい」
とのこと。
ともかく・・おとなしい。
いつもは顔付近など触られると怒るのだが、おとなしく触れている。
長女はまだ慣れているから、ためしにわたしが触ってみても一切怒らないし、嫌がらない。

明らかに元気がなくなっている模様。

まだ止まり木などには止まれるが・・。

夏場だけどヒーターを入れて様子を見る。


夜になって、ご飯も食べてないようで、心配した次女(学校にいっていたので帰宅してから)が、ずっと手に抱いている。
人間の手のほうが、鳥の体温より低いから本当はよくないかもしれないが・・抱かれているほうが落ち着いている気もするので、熱くなりすぎないようにカイロをタオルで巻いて、それを手の近くに置いておく。

3%と5%の砂糖水を作って、指につけて飲ませておく。
元気はないが、ちびりちびりと飲んでいる。

22時過ぎくらいだろうか・・
飲んでいた水を吐く。

明日も学校の次女と交代で見ておくために先に寝ておいたのだが、途中起こされ、長女も加わって様子を見る。

長女が見ておくから・・ということで、わたしは朝のお弁当つくりもあるので寝ておくことにしたのだが、様子がおかしいたびに長女の声が聞こえて、結局あまり寝れないままちょこちょこ様子を見に行く。

時間をみていないが・・何時だろうか・・27日になった・・1時くらいかな・・・もうちょっと後の2時くらいか・・

長女の手から、よろよろと歩いて出て行こうとするので、ダンボールにタオルを敷いて、その中にいれる。
暗くしておいたほうが落ち着くかなと半分フタをしめてタオルをかけておく。
暖めるのはどうしたらいいか・・すごく悩む。
暖めたほうが絶対いいと思うのだが、前にキラのときに失敗をしているので臆病になってしまっている。

箱の外側からカイロを入れた袋を軽く当てる程度にしておく。

最初は箱のすみのほうに移動して、おとなしくしていたきゅうちゃんだが、3時前にまたよろよろと動き出し、ついには体を横にしてしまった。


だめだろうな・・とは思っていたが、本当にだめなんだと思った。

羽の力も抜けているようで、少し開き気味になり


何度か痙攣するように体を震わせた後、3時過ぎに亡くなった。


我が家の最後の文鳥。


きゅうちゃん、今までありがとう。
くうちゃんやふうちゃんやみうと一緒に虹の橋で遊んでいてね。

続きを読む
ニックネーム かすみ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 文鳥日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする