2012年11月26日

紅葉

日曜日は、夫とアルと茶々で紅葉を見に行きました。

今年は色づくのがちょっと早かったのでかなり葉も落ちていたけど。
箱入りうさぎのアルは病院にいく以外、外にでることはありませんでした。

初代のいなばは、初めて飼ったウサギで小さいうちからあちらこちらに連れて行ったりしたのですが、縁がなくてなかなか新しい子が迎えられずにやっと迎えたアルは、わたしが必要以上に慎重になって、ストレスになるかもと思うことは本当に避けてしまったんですよね。

もっとも・・アルが外出したがったかは、謎ではありますが。


IMG_0267.JPG

モデルさんの茶々。
つれて歩くとみんなから声をかけられます。

ここは茶々は去年もつれてきたので2度目です。


IMG_0271.JPG

アルちゃんは初めて。

暑いのが苦手で
寒いのも嫌いで

エアコンだの、ヒーターだので、人間より優先して快適温度に保っていた部屋に住んでいたアルには、この日の空気はちょっと冷たかったかも。

わたしたちの息も白くなっていました。


アルが亡くなった日は天気がよくて、前日病院にいったときは曇りだったので

「今日は天気がすごくいいよ、空がきれいだね」

ってずっと話しかけて斎場に向かったんだけど、その22日・・というか日付変わった23日の明け方から雨がふって、以降は天気の悪い日が続いていました。


でも、日曜日はすごく天気がよかった。

茶々を窓辺で日光浴させながら、アルも一緒に窓辺へ。

夜勤だった旦那は15時くらいに起きてきて、それから「紅葉見に行こう」といったのです。

もっと早く起きてくれたら最高の天気の中で紅葉みれたけど、最近パパもお疲れ気味です。
あれだけ大食らいで、買って置いた食糧を1人で食べちゃうので怒ったりすることもあるくらいなのに、そんな旦那も前日の夜に夕食のカレーを食べてからまだ何も食べてないくらいです。

わたしも食が減っちゃったのですごく気持ちはわかるんですけど。

食事もしないで、茶々とアルとでドライブに。
子供たちはテスト勉強するということでお留守番。

ちょっとクールな子供たちには、アルの写真に話しかけ、未だにぐすぐす泣いているわたしたち夫婦はちょっと引いちゃうんだろうな。



お寺に庭園にいったんだけど、もうしめちゃうギリギリ。
本堂には入れないって事だけど、庭だけで十分ということでアルと茶々と一緒に散策しました。


まだ暗くなる前の空には、白いお月様が登っていました。

月も写真とればよかったかなぁ・・。



初めての紅葉、アルは喜んでくれただろうか。
アルには迷惑だったかもしれないけど、生きているときにあっちこっち一緒にいきたかったなぁなんて心から思います。

茶々は引っ張りまわされすぎなのかもしれませんが・・。

家にアルと2人で留守番させるのはやっぱり心配だったんですよね。
だから、出かけるときはなるべく茶々は一緒に連れて行くようにしていたので、外出当たり前鳥なんですが。

でも、飽きてくるのか、疲れてくるのか・・そうなるとちょっと車の中でもバタバタあらぶるようになっちゃったんですが・・・


助手席のわたしの手には茶々
ひざの上にはアル


生きていたときからこうやって一緒にできていたら本当に幸せで、楽しかっただろうな。



夜にアルのお香を買いに行こうと夕食もついでと子供を誘って改めて外出。
(あらぶっていた茶々はお留守番)


マリノアにいったんだけど、お目当ての「紅や」はなくなっていました。

つい先日もマリノアのP2(ペットショップ)にアルがちょっとでも食べてくれるようにとオヤツを探しにいったらなかったんですよね。


いつもエサを飼っていた近くのワンワン(ペットショップ)がつぶれて・・
なんだかどんどんアルのためにいっていたお店がなくなっていったこの時期にアルもいなくなって・・すごく複雑な気持ちです。


インド系のお香はいっぱいあるんだけど・・アルにはやっぱりもっとやわらかいお香を焚いてあげたいんですよね。

食事だけ終えて外に出ていると、また雨が降り出していました。
車に戻るときは、ポツポツって感じで旦那なんか雨が降っているのも気がつかない程度だったけど、家に帰る途中はかなりたくさん降っていて・・
家に着いたときにはまた雨がほとんどやんで傘なしでもOKなくらいで


アルとの外出のために晴れてくれたのかなと思いたくなるくらい。

今日も朝から雨が降っています。

この時期、雨が降ると寒くて、暗くて・・寂しくて、


あの葬儀場にアルだけおいてこなくてよかったと本当に心から思います。

IMG_0268.JPG

ニックネーム かすみ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ウサギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

お掃除

昨日は、旦那と一緒にお掃除をしました。

片づけじゃなくて、アルのゲージなどのお掃除。

アルのゲージは、少しでも大きなものをと考えて大型犬などを入れる大き目のゲージを使っていました。
ゲージの柵の隙間は子供だったアルには大きくて、入れても入れてもスルリと出てきちゃうので、昔は周りを網で囲って使っていたんですよね。

大きくなって、ゲージの柵の隙間から出れなくなったし、何よりも好きなように部屋で放し飼いにしていたから、網はかなり以前にはずしていたのですが。

やっぱり体調が悪いときなど、自分のゲージの中に閉じこもって、中に入れていた大き目の土管の中などに隠れていたものです。

ゲージの床には(昔はトイレ対策にペットシートを敷き詰めていましたが)、フロアカーペットを敷いていたのですが・・後半やわらかいウンチをしていたアルがいっぱい汚していました。

ゲージの中のものを一度出して、きれいに吹き上げて・・また元のようにトイレを設置し・・えさばを戻して、おもちゃもそのままに。

汚れたフロアカーペットも叩き落とせるだけのものは落としたけど(ウンチはやっぱりとれませんでしたが)、その汚れさえも捨てにくく・・同じように戻しておきました。

入り口だけは、茶々がアルのゲージを狙うので、アルがはいれるだけの隙間をあけて。


アルのゲージは、わたしの部屋のクローゼットの下の部分を利用しておいていました。
(扉ははずしている)
アルとわたしの部屋だったのですが、わたしのテリトリーにはパソコンなど置かれていたし、PCデスクの下やアクセサリーなどの収納棚の下の隙間にアルが入り込もうとするので、アルが来れないように、やはり犬用の木製の頑丈な小屋を間において、壁にしていました。

立方体のような小屋で、かつては屋根もちゃんとあったのですが、わたしのテリトリーに移動するために(アルのほうが入り口側なので)屋根の上を踏み台にしているうちに、何年後くらいだろう・5年くらい?で、屋根を踏みわって、そのうち、入り口側の壁も壊れ・・


本当にただの壁になっていたのですが(凹型の)、その間からアルは必死でわたしのところに来ようとして・・何度か侵入も成功しては強制退去になっていたんですよね。

いれてあげればよかったかなぁ・・なんて思いながら片付けました。


写真を見ていると

022.JPG

まだ屋根のあったときの壁の小屋の上に登っているアルちゃんが。
奥に見えるのがアルのゲージです。

壁小屋の左に見えるのはわたしのロフトベッドの階段。
ベッドと壁小屋でアルが入れないようにしていたんですよね。

寂しがりのアルは、こうやってわたしがPCをしていると見えるところにやってきては

023.JPG

ここでくつろいだりもしていたのです。

屋根がなくなってからも、寂しいときは壁小屋で寝転んで、たまに背伸びをしてわたしのことを見てたりしていたのです。


わたしは専業主婦だったから、ほとんどアルと一緒にいたし・・
同じ部屋にいたわけだから、一人ぼっちってわけでもなかったのに、アルは本当に寂しがりだったなぁ。




001.JPG

今のアルちゃんのおうち。
後ろのほうの花は、最後までお世話になっていた病院から届いたものです。
アルは病院キライだったけど・・

子ウサギからお世話になっていた病院は別の病院だったけど・・

投薬だけの治療で本当によかったのか・・
未だに悩むこともあるのは正直な気持ちですが、もう年齢もいって体力も落ちていたアルには手術なんて無理だっただろうし、何よりもいたい思いをさせて、それでストレスをかけてしまうことのほうがきっとアルも嫌だっただろうと思うのです。
ニックネーム かすみ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ウサギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

親ばか

親ばかといっても、ペットのことだから、飼い主ばかっていうのがただしいのかな。

漫画家のTONOさんが、

「うちの猫が好きなドラマです」とか
「それうちの猫がよく言うんです」みたいに

本当は猫がやっているわけでも、好きだというわけでもないことを
まるで人間のように猫が・・と話すというエッセイを書いていて


どこも一緒なんだなぁ


と思ったことがあります。


我が家でもよく外出で遅くなると


「アルの作ったお味噌汁が冷める」とか
「今頃アルが起こって玄関で仁王立ちになって”そこに座れ”といっている」とか
娘たちが成績悪いときに「アルはうさ田大学出身なのに!」とか・・

よく言ったものです。

「アルの作ったお味噌汁にはウンチがはいっていて食べれないよ」

とか娘もいったり・・

別にうさぎのアルがそういうこというわけでも
やるわけでもないのは当然なんですけどね。


008.JPG

これはちょっとエッチなマウスパッドの上で寝転んでいるアル。

「エロうさぎ」

とみんなから言われたのでした。
アルにしたら、このでっぱりとくぼみがちょうどよかったんでしょうけど。

003.JPG

ちなみにこのマウスパッドを愛用していたのは誰あろうわたしなので・・

アルにはいい迷惑な批判だったのかな。

この胸が手首のサポートにすごくよかったのですw
汚れて、新しいのを買ったので旦那にあげたのですが・・不評で、ぽいっとされていたところにアルがゴロリと横になったのです。

こんな姿さえも可愛いのはうさぎの役得かな。
ニックネーム かすみ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ウサギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする