2013年12月16日

茶々の冒険1

先週は本当にバタバタでした。

内容が内容だったので、ブログにも書く気が起きなくて・・。



それというのも、12/8(日)、我が家の愛鳥・茶々が迷子になってしまったのです。

その日は本当にいろんなことが・・でも、小さなことがかさなってしまいました。

茶々の日光浴をかねて、家族で出かけようとしていたのですが、急遽子供たちは行かないことになり、ならば茶々も置いていこうか・・と思いながら、日光浴もかねているし・・と連れて行くことに。

最初は神社にいくつもりだったのですが、道中、ちょっと(気分的に)問題が起こり取りやめに。
食事と買い物だけして帰ることになったのです。

茶々にしてみれば、車で疲れただけ・・かな。

しかも、その日はわたしははじめて着る赤いポンチョを羽織っていて、それが茶々がいやな様で車の中では脱いでいたのですが、家についたときには荷物になるからとまたつい羽織ってしまったのです。


さらに・・いつもは駐車場に人はいないのですが、出かけるときにもいた家族が、今度は犬連れでいるのです。
(茶々は犬とか猫が嫌い)

わたし自身も体調をちょっと崩していて、腹痛で・・
最初夫は、わたしだけ先に下ろして自分が茶々を連れて行くといっていたのですが、少しわたしの様子が落ち着いたと思ったのでしょうか・・一緒に駐車場まで戻ったので、わたしが茶々を連れて出ることに。

自分自身が腹痛であせっていたことや、茶々の嫌いな犬からちょっとでも遠ざけようとあせっていたのもあって・・

道の途中で、ふいに手にまとわりついていたポンチョのすそを払ったのです。

それにびっくりした茶々が飛び出して・・

外出のときは、茶々の足にリードをつけて、それを指に2〜3重に巻いたうえで握っているのですが・・・
その日もそうしていたのに、腹痛のせいか、あせっていたせいか、わたしの手からリードはするりと抜けて、茶々が空に飛び立ってしまったのです。

あっという間に建物を回りこんで見えなくなってしまいました。

夫は大慌てで茶々の飛んでいったほうに走っていき・・すぐに茶々がこっちにいる!というような声が聞こえてきました。

わたしは子供たちを呼んで荷物を預け、夫の声のほうに走っていくと、茶々は他家の屋根の上にいたのです。

ニックネーム かすみ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3565994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック