2013年02月01日

あひる寝

ブログがちょっと更新とまっていましたが、いろいろあっています。

ちゃんと記事アップしないと・・


今回は茶々話題。

2日前


IMG_0561.JPG

チャチャがあひる寝を。

以前から、電灯の上などであひる寝をしていることはあったのですが
珍しくベッドの上の本の上で・・。
(フンをしちゃうので、タオルをかけています)

茶々は最近この本を並べているところがお気に入りで
とまってはいるのですが、あひる寝しているのははじめて。

IMG_0564.JPG

可愛いなぁとほのぼのしていたのです。


他にも

IMG_0566.JPG

わたしの毛布の上で。

本当に珍しい。
娘の布団の上では寝ることもある・・とは聞いていたけど、わたしの部屋ではほとんどあひる寝ってしてなかったんですよね。


可愛い

・・と思いながら、なんとなくどうしてだろう?とは思っていたのです。


しかも(ちょっと写真が多くのなったので折りたたみに)

翌日には


IMG_0580.JPG

IMG_0583.JPG

わたしの腕の上でもついにあひる寝を!!


ずっと憧れだったあひる寝だったのですが・・なんだかおかしい?

片足の力が弱い気がするし・・
昨日からちょっと食欲も落ちている感じがする・・ということでじっくり観察。

(手であげるとエサは食べるんだけど、置き餌にはほとんど手をつけてなかった)


IMG_0857.JPG

足が・・はれています。
写真で向かって右側。

IMG_0858.JPG

角度を変えてみても、やっぱりはれているような?

気がついた時間が18時を過ぎていて、茶々のクチバシを見てもらっている病院は19時半まで・・おまけに、院長先生がいないと見れないので電話で確認してみると、その日(水曜日)も不在で、木曜日は元々院長先生のおやすみ日ということ。

困ってしまいショップに電話して、症状をいって聞いてみると


足の裏が傷ついてそこから菌がはいったのでは?

・・ということ。

足の裏を見てみるけど、どうもよくわかりません。^^;
洗って、殺菌してあげて・・本当なら抗生物質を与えるのがいいようですが・・

ひとまず、夜に長女についてきてもらってドラッグストアに人間用の消毒薬を買いに行きました。
(塗り薬もひとまず買ったけど、茶々がなめちゃうと怖いので、本当に足の裏のクチバシが届かない部分にちょっとだけ塗っておきました)

どこに傷があるのはかまったくわからないまま、ガーゼをぬらしてふいてあげて・・やはりガーゼに消毒薬をつけてふいて・・


IMG_0593.JPG

足が痛いのか、茶々は毛布の上にずっといます。
上の写真は火曜日のもので、このときはまだ悪いとは思ってなかったときですが・・

電気がついていると、こうやって布団のところにいるんですが、電気を消すと自分の寝床にいきたがります。
茶々の寝床はたって止まるしかできないから、足に負担がかかるのでは・・とは心配なのですが・・


水曜日の夜も電気のついているときは

IMG_0859.JPG

こうやってわたしの胸元に潜り込んで寝ていたのです。

目をつぶるのですが、やはりわたしが動いたりするたびに目を覚ますし・・わたしも座りっぱなしできつかったのですが・・^^;
一晩徹夜して抱っこし続ける覚悟をしていたのですが、電気を消すとやっぱり自分の寝床に・・



ちなみに足がはれる病気を「趾瘤症(バンブルフット)」というらしいです。
写真を見る限り、足の裏の傷は見て分かるレベルでした。
ハヤブサには起こりやすい症状のようで、原因は様々あるようですが、寝床が不潔だったりしたときに、傷ついたところから菌がはいり・・というパターンもあるようです。

茶々の場合、寝床はまぁ・・大丈夫なのですが、部屋の中を自由気ままに飛び回っていて、食器棚や本棚の上にもよくいっているんですよね。
・・あそこはホコリだらけだとおもう・・・


なんだか説明を見ていると怖くなってきます。

木曜日の朝、旦那が帰ってきてから、病院に猛禽類を診れるか確認の電話を入れて・・・



いつもの病院は院長先生が不在だし、前にいった猛禽類が診れる病院はいきたくない・・ということで、必死に探したのですが、聞いた病院すべてがいきたくないと思っている病院を紹介してくれました・・


飼い主が嫌だと思っても、茶々のために・・とその病院に。><

心配性で、ついいろいろ聞いちゃうし、微妙に知識だけ仕入れているわたしは医者にはうざいタイプになって、それでもめる原因にもなるかも・・ということで、病院の中には旦那にお任せで、わたしは外で待っていることにしました。


結果


ねんざ


だということです。

・・鳥の捻挫?

内出血もしているようで、そのせいではれているという事。



聞きたいことはいっぱいあるんだけど・・ともかく旦那に任せたので、わたしは口出さないようにして、もらった薬を飲ませて様子をみることにしています。


水薬を2種類。

朝と夜。

直接飲ませるように聞いたそうですが、それは難しそうなので、うちでは肉にたらして、手であげています。

元々茶々は人の手から小さく切ってもらった肉を食べるのが好きで、
しかもちょっとぱさついた肉は水をかるくつけて食べさせるとよく食べたり・・するものだから、その要領でやっています。

味は微妙なのかもしれないけど、ひとまず食べてくれるので・・。



さすがにまだアヒル寝状態だけど、このまま腫れがひいて、はやく元に戻りますように。


【アメリカチョウゲンボウの最新記事】
ニックネーム かすみ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカチョウゲンボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3393290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック