2015年03月20日

寂しい話

長女を学校に送るために、車で移動中、以前にアルちゃん(うさぎ)がお世話になっていた病院の前を通った。

前に通ったときも、いつも混んでいて病院の前の駐車場には車がとまっているのになんだか見ないな・・とか思ったことはあったけど、先日とおったときに玄関に張り紙がしているのが見えた。

車で通過したので張り紙の中身まで見えなかったけど・・


何かあったのかな?

と思っていたら、今日通ったときにもまだ張り紙が。

気になってネットで調べてみると、閉院のお知らせが。



年配の先生だから、いつかは閉めるときも来るだろうとは思っていたけど実際にそのときがきてしまうとすごくショック。

どうやら去年の7月くらいから既に閉院していたような。


アルちゃんも後半は連れて行く負担を考えて近い病院に変えたし、猛禽類はみないということですっかり行くこともなかった病院だけど、福岡にきたばかりのときに必死でネットで調べて初めていった福岡の病院だっただけに・・。

最初にアルが具合が悪くなったときは治るまで1ヶ月以上もかかって・・もうだめかと何度も思いながら毎日病院かよいしたのでした。
食事もしないし、フンもでないし、強制給餌しながら点滴を打ってもらって。
日曜日も、入院の動物たちをみるために来ているからと特別に見てもらいながらアルもわたしたちも必死に通った思い出やハロを飼った時に何か股間に腫瘍のような黒いものがあって・・それを診てもらったこととか。


世界一小さなネズミ・・ということだったんだけど・・種類なんだっけな?
ともかくハロは診るのも大変で、先生が苦労して診察してくれたら・・


どうもタマタマのホクロだったという笑い話もあるんだけど・・。
あの時治療したわけじゃなかったからと診察代はとらなかったんだよね。

アルが麻酔の効かない子だということで、すごく苦労して、負担をかけないように時間をかけて麻酔をかけていつも歯を削ってくれて

「こんな麻酔の効かない子は初めてです」

とか言われたんだけど・・



その後うつった病院で、麻酔が効かないんじゃなくて鼻が詰まっているんですよといわれて、そこで普通に麻酔できていたんだけど・・


それでもK先生には何度も実際にアルの危機を救ってもらっていたので信頼があつかったのです。

距離が遠いこと、患畜が多くて待ち時間が長いこと、新しい病院は日曜日もやっていること・・などがあって、病院変わっちゃったけど・・

(新しい病院のほうも優しい先生で安心できたし)


だけど、アルちゃんが死んだとき、K先生だったらもっと治療法が違っていたんじゃ・・と何度も思ったのです。

まぁ・・アルちゃんは年とっていたし・・無理な治療をしても負担をかけるだけ・・なのかもとも思っているのですが。


いかなくなったK病院だけど、いざとなればいつでもいける・・と思えば安心できた病院なのに・・
K先生好きだったのに・・

すごく寂しいです。

閉院の理由はよくわからないけど・・続きを読む

ニックネーム かすみ at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする