2013年12月19日

冒険3

警察には日曜日のうちに。
保健所などは休みなので、月曜日に連絡することにしました。

夜・・夕食を作る気になれず、お弁当を買いに行くことに。

夫に買いに行ってもらい、わたしはもう一度探してみることに。

あたりはすっかり真っ暗でしたが、反対に夜になれば飛ばないので、呼びかけに反応するかも・・と思ったのです。

最後に見かけた影が、道を渡った団地のほうに向かったので、その団地の方向を探すことにしました。

時間は・・20時くらい?
夜でしたが、茶々の名前を呼びながら団地の周辺を歩き回りました。

団地前の道・・南側で何かの声が聞こえたような・・。

そちらを探そうとしていると年配の女性が話しかけてきました。
私が猫を探していると思い、さきほど猫のかげをみた・・と伝えにきてくれたようでした。

鳥だということと、今声が聞こえたような・・という話をしたのですが、その方には聞こえなかったし、鳥の姿も見ていないということ。

団地の中の道から携帯をいじりながら男性があるいてきて・・
何度か元の道に戻ったり、きたり・・

その方に話しかけるチャンスを失ったのですが、あとから思うと何か音を聞いたのかな?・・とかやはり後悔したのです。

話しかけてきた女性と別れ、また茶々を呼んだのですが、そのあとは物音を聞くことができず、翌朝、日が昇る前に探しに行くことにしました。

翌日、まだ日が昇る前から夫と2人で手分けして茶々を探すことに。

わたしは昨日の団地を中心に中のほうまで探し行くことに。
敷地も広く、建物の数も多かったので、団地の中だけ探してもかなり時間がかかりました。

日が昇る直前・・6時半くらいから探し始め、9時過ぎまで探しましたがまったく見つけることができず、家に戻り、保健所に電話をすることに。

保健所の方のアドバイスで、他にも動物園や野鳥などの連絡がはいる施設・茶々もお世話になっている猛禽類を診れる動物病院や福岡市周辺の保健所にも連絡しました。

保健所など管轄があって、管轄外の保健所・・たとえば、福岡市ならその周辺の市の保健所など、個別に連絡しておいたほうがいいそうです。
犬や猫なら、行動範囲もそこまで・・ではないかもしれませんが、鳥の場合の行動範囲は正直予想もつきません。

月曜日の午後から雨が降り出し、雨の中は飛ばないだろう・・ということで、探すのは午後からにして、また雨の中を探しにまわったのです。

近くのコンビニやクリーニング屋さんなどにも個別にお客さんから目撃情報があったら・・という感じで連絡してあるきました。

チラシは配らなかったのですが・・
本当は配っておけばもっと良かったと思いました。

以前、文鳥がいなくなったときに、チラシもくばり、新聞やラジオでも呼びかけたのですが見つからず・・(もちろん警察にも届けました)そのときの思いがあって。。少し絶望的になっていたのです。

同じように、ネットの鳥の迷子掲示板。
あちらにも文鳥のときにあちらこちらに書き込んだのですが、連絡はなく・・ペット探偵からの連絡だけでかなり絶望的になっていて、今回は書く気になれませんでした。

ただ・・翌日・・だったかな。

娘がツイッターで呼びかけているという話を聞き
更にそのリツートが5000を越えているという話を聞き、わたしもやる前から諦めるのではなく、やれることはやろうと思い、迷子掲示板にも書き込むことにしました。

ニックネーム かすみ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカチョウゲンボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする