2013年11月28日

合同慰霊祭

アルちゃんの一周忌の合同慰霊祭に参加してきました。

去年より参加者が多かったようです。

始まる前に、運営者とお坊さんからの話しがあったのですが、なかなか長かったです。

だけど中身は興味深いものが・・。



ペット霊園にいる動物たちはある意味、愛されて幸せだった子ばかりです。

アルちゃんがお世話になった霊園は、福岡市から市で処分された動物たちの火葬と埋葬も任されているそうです。
福岡市長の高橋氏の活動で、保健所に送られて処分される動物たちの数が激減しているということ。
更に、ガスで窒息させるというむごい殺し方から安楽死の方向に・・という動きになっているらしい。

恥ずかしいことにわたしは知りませんでした。

それでも同じ福岡県でも、他の市町村がそうだというわけではなく、やはりガスで苦しんで殺された挙句、ゴミとして処分してしまうところもあるとか・・。

霊園では、その子たちの亡骸だけでも引き取らせてもらい、こちらで供養できないかと働きかけているという話でした。


合同慰霊祭に集まっているペットの飼い主たちは、いまだ自分が愛した動物を思い涙するような人がほとんどですが、同じペット飼いの中には、面倒を見れなくなったペットを保健所に持ち込むような人間もいるわけです。

動物を飼っている人だけじゃなく、飼ってない人にも本当に人間性を疑う人も多いのも事実です。



続きを読む

ニックネーム かすみ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ウサギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする