2015年03月20日

寂しい話

長女を学校に送るために、車で移動中、以前にアルちゃん(うさぎ)がお世話になっていた病院の前を通った。

前に通ったときも、いつも混んでいて病院の前の駐車場には車がとまっているのになんだか見ないな・・とか思ったことはあったけど、先日とおったときに玄関に張り紙がしているのが見えた。

車で通過したので張り紙の中身まで見えなかったけど・・


何かあったのかな?

と思っていたら、今日通ったときにもまだ張り紙が。

気になってネットで調べてみると、閉院のお知らせが。



年配の先生だから、いつかは閉めるときも来るだろうとは思っていたけど実際にそのときがきてしまうとすごくショック。

どうやら去年の7月くらいから既に閉院していたような。


アルちゃんも後半は連れて行く負担を考えて近い病院に変えたし、猛禽類はみないということですっかり行くこともなかった病院だけど、福岡にきたばかりのときに必死でネットで調べて初めていった福岡の病院だっただけに・・。

最初にアルが具合が悪くなったときは治るまで1ヶ月以上もかかって・・もうだめかと何度も思いながら毎日病院かよいしたのでした。
食事もしないし、フンもでないし、強制給餌しながら点滴を打ってもらって。
日曜日も、入院の動物たちをみるために来ているからと特別に見てもらいながらアルもわたしたちも必死に通った思い出やハロを飼った時に何か股間に腫瘍のような黒いものがあって・・それを診てもらったこととか。


世界一小さなネズミ・・ということだったんだけど・・種類なんだっけな?
ともかくハロは診るのも大変で、先生が苦労して診察してくれたら・・


どうもタマタマのホクロだったという笑い話もあるんだけど・・。
あの時治療したわけじゃなかったからと診察代はとらなかったんだよね。

アルが麻酔の効かない子だということで、すごく苦労して、負担をかけないように時間をかけて麻酔をかけていつも歯を削ってくれて

「こんな麻酔の効かない子は初めてです」

とか言われたんだけど・・



その後うつった病院で、麻酔が効かないんじゃなくて鼻が詰まっているんですよといわれて、そこで普通に麻酔できていたんだけど・・


それでもK先生には何度も実際にアルの危機を救ってもらっていたので信頼があつかったのです。

距離が遠いこと、患畜が多くて待ち時間が長いこと、新しい病院は日曜日もやっていること・・などがあって、病院変わっちゃったけど・・

(新しい病院のほうも優しい先生で安心できたし)


だけど、アルちゃんが死んだとき、K先生だったらもっと治療法が違っていたんじゃ・・と何度も思ったのです。

まぁ・・アルちゃんは年とっていたし・・無理な治療をしても負担をかけるだけ・・なのかもとも思っているのですが。


いかなくなったK病院だけど、いざとなればいつでもいける・・と思えば安心できた病院なのに・・
K先生好きだったのに・・

すごく寂しいです。

閉院の理由はよくわからないけど・・続きを読む

ニックネーム かすみ at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

また1つ

我が家の子ではないけど、友人のところの文鳥がお星様に旅立ちました。

2015/3/18の午前3時頃・・かな。

シルバーの小さな文鳥。
友人のところの子だけど、そのこを手乗りに育てたのはわたしで、忙しい友人のために手乗りにしてから彼に渡したのだった。

シルバーの子がいいという希望で最初買ってきた子は、不注意で死なせてしまって・・その後にまた買った子だった。

最初の子がすぐに亡くなってしまったこともあって、神経質に育ててしまったけど、すごくおとなしくて、人懐こくて、友人に渡すときには旦那も泣いてしまったほどかわいい子だった。

友人はすごく甘い人で、その文鳥・・そうちゃんがかんでも、いたずらしても怒らなくて、すごくかわいがって旅行にも連れて行ったりしていたし、そうちゃんのほうもすごくなついて・・

お店にいるときに羽を切られていてあまり上手に飛べなかったけど、それがなくてもきっとそうちゃんは外に出しても友人から離れないだろうなというくらいべったりだった。

わたしが遊びにいっても、すっかりわたしのことを忘れたように友人になついていて、すっかりよその子になっていた。


最初はそれほどじゃなかったけど、ここ数年、友人は出張ばかりで、3日に一度家に帰るだけで・・・それも一晩家にいることも泣く、そうちゃんの世話に帰るだけの生活になってしまって、それはそれできっとそうちゃんは寂しかっただろうなと思うけど、友人も移動で疲れているのに、長距離バスでついて、朝そうちゃんの世話をして、会社にいって、会社から家に戻って世話をして、またバスにのりにいく・・そんな無理をしてもかわいがっていた。


年は・・どれくらいになるんだろう・・そうちゃんをかって・・6年はたっていると思う。
7年くらいかな?
元々小さくて弱い子だったけど、ちょっと前からおとなしくしているときが増えたという話を聞いて、17日の昼に朝見たときにそうちゃんが座り込んでいるという話を聞いた。

17日、友人は決まっていた出張を取りやめ、そうちゃんのそばにいることにして、そうちゃんは差し出した友人の手に乗ってきて、そのまま抱いて過ごしていたらしい。


人の体温より、文鳥の体温のほうが高いから、本当は人の手に抱くよりも保温をしてあげたほうがいいのはわかっていたが、話の様子からそうちゃんがもう長くないのでは・・と思えたので、そうちゃんがしたいようにさせてあげるのが一番いいと思った。

きっと嫌なら自分のほうから離れるだろうし。

何時頃だろう・・夜中の2時過ぎ?くらいまで様子を見ていたようだが、友人も寝ることにして・・そうちゃんはそのまま手に抱いていたらしい。

つぶさないように注意して、電話を切ったのだが、4時前後だろうか、電話がかかってきて、そうちゃんがなくなったといった。
手の中で力が抜けたのがわかって、目が覚めたらしい。
(もともと深くは寝てなかったんだと思う)

うちのアルのときにも思ったけど


偶然だと思う人は思うだろうけど・・


動物は(人だってそうだと思うけど)命のぎりぎりまでがんばるんだな・・と。

ほとんど家にいることのなかった友人を、そうちゃんは待っていたんだなと思う。

朝になれば友人は仕事にはいかなければいけない。
そうちゃんは友人が帰ってくるまでがんばって、一緒にいられる間に友人のそばで旅立っていったんだなと思う。

そうちゃんが死んでしまったことはすごく悲しいけど、そこまでがんばれる飼い主のそばでその飼い主の手の中で旅立てたんだから、よかったねっていってあげなければいけないんだろうなと思ったのでした。
ニックネーム かすみ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 文鳥日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

お天気

雲は多いけど、日差しがさして今日は明るいです。

なぜかペットが死んだ日や翌日は天気のいい日が多いのですが、
こういうときの風景は、なぜか静かで、明るいだけ静かで、すごく寂しいです。



カテゴリーにうさぎや文鳥があるけど、我が家からはついにうさぎも文鳥もいなくなってしまった。

すごく寂しいです。
ニックネーム かすみ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 文鳥日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

きゅうちゃん

我が家にとって最後の文鳥であるきゅうちゃんが、今朝方なくなりました。

茶々の記事も放置しちゃって途中の段階で次に書く記事が、こういう記事なのは情けなく思いますが・・。

これで我が家にとって、第2次ペット黄金期とも言えた最後のペットがなくなったわけです。
(途中記事だけど、茶々は無事に戻ってきて元気です)


アルと文鳥のくうちゃんが、ほぼ同時期・・。

くうちゃんが1年後に飛び立ってしまって、
そのあと2ヶ月あとかな・・寂しさに耐え切れずにふうちゃんを飼って・・
友人に手乗り文鳥にしてわたすためにみうとキラを飼ったけど、事故でキラがなくなって、すぐに代わりのそうちゃんを育てて、無事に引渡し。

その後に、次女がどうしても欲しいとかった桜文鳥がきゅうちゃんでした。

だから・・

6〜7年くらいかな?
短いわけじゃないかもしれないけど、決して長いともいえない寿命だったかと思います。

次女にすごくなついていて、わたしが手を出しても怒ったり・・
けっこう怒りっぽい子で、次女にもよく噛み付いていたからわたしは手を出すのが怖くて、ほとんど子供任せにしていた子でしたが。

茶々に襲われて怪我をしたこともあり、一時はもうだめか><と思った子でしたが、その後も無事に生きてくれていました。
(病院にもいきましたが、わたしが思っていたより怪我はひどくなった)

もう・・1年くらいかな・・すっかり毛が白くなってきたな・・とか、足の力が弱くなってきたかな?と年を感じることが多くなってきていたのですが。

豆苗など葉っぱものがきらいで、入れてあげても全部落としちゃうし
ボレー粉もあまり食べなくて、食べなくても・・といれてあげていたけど・・やはり好き嫌いの激しい子で、本当に次女に似たわがままな子だったけど。


2014/8/26 夕方に様子を見ていた長女がわたしを呼んで・・
「なんだかきゅうちゃんがおかしい」
とのこと。
ともかく・・おとなしい。
いつもは顔付近など触られると怒るのだが、おとなしく触れている。
長女はまだ慣れているから、ためしにわたしが触ってみても一切怒らないし、嫌がらない。

明らかに元気がなくなっている模様。

まだ止まり木などには止まれるが・・。

夏場だけどヒーターを入れて様子を見る。


夜になって、ご飯も食べてないようで、心配した次女(学校にいっていたので帰宅してから)が、ずっと手に抱いている。
人間の手のほうが、鳥の体温より低いから本当はよくないかもしれないが・・抱かれているほうが落ち着いている気もするので、熱くなりすぎないようにカイロをタオルで巻いて、それを手の近くに置いておく。

3%と5%の砂糖水を作って、指につけて飲ませておく。
元気はないが、ちびりちびりと飲んでいる。

22時過ぎくらいだろうか・・
飲んでいた水を吐く。

明日も学校の次女と交代で見ておくために先に寝ておいたのだが、途中起こされ、長女も加わって様子を見る。

長女が見ておくから・・ということで、わたしは朝のお弁当つくりもあるので寝ておくことにしたのだが、様子がおかしいたびに長女の声が聞こえて、結局あまり寝れないままちょこちょこ様子を見に行く。

時間をみていないが・・何時だろうか・・27日になった・・1時くらいかな・・・もうちょっと後の2時くらいか・・

長女の手から、よろよろと歩いて出て行こうとするので、ダンボールにタオルを敷いて、その中にいれる。
暗くしておいたほうが落ち着くかなと半分フタをしめてタオルをかけておく。
暖めるのはどうしたらいいか・・すごく悩む。
暖めたほうが絶対いいと思うのだが、前にキラのときに失敗をしているので臆病になってしまっている。

箱の外側からカイロを入れた袋を軽く当てる程度にしておく。

最初は箱のすみのほうに移動して、おとなしくしていたきゅうちゃんだが、3時前にまたよろよろと動き出し、ついには体を横にしてしまった。


だめだろうな・・とは思っていたが、本当にだめなんだと思った。

羽の力も抜けているようで、少し開き気味になり


何度か痙攣するように体を震わせた後、3時過ぎに亡くなった。


我が家の最後の文鳥。


きゅうちゃん、今までありがとう。
くうちゃんやふうちゃんやみうと一緒に虹の橋で遊んでいてね。

続きを読む
ニックネーム かすみ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 文鳥日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

冒険3

警察には日曜日のうちに。
保健所などは休みなので、月曜日に連絡することにしました。

夜・・夕食を作る気になれず、お弁当を買いに行くことに。

夫に買いに行ってもらい、わたしはもう一度探してみることに。

あたりはすっかり真っ暗でしたが、反対に夜になれば飛ばないので、呼びかけに反応するかも・・と思ったのです。

最後に見かけた影が、道を渡った団地のほうに向かったので、その団地の方向を探すことにしました。

時間は・・20時くらい?
夜でしたが、茶々の名前を呼びながら団地の周辺を歩き回りました。

団地前の道・・南側で何かの声が聞こえたような・・。

そちらを探そうとしていると年配の女性が話しかけてきました。
私が猫を探していると思い、さきほど猫のかげをみた・・と伝えにきてくれたようでした。

鳥だということと、今声が聞こえたような・・という話をしたのですが、その方には聞こえなかったし、鳥の姿も見ていないということ。

団地の中の道から携帯をいじりながら男性があるいてきて・・
何度か元の道に戻ったり、きたり・・

その方に話しかけるチャンスを失ったのですが、あとから思うと何か音を聞いたのかな?・・とかやはり後悔したのです。

話しかけてきた女性と別れ、また茶々を呼んだのですが、そのあとは物音を聞くことができず、翌朝、日が昇る前に探しに行くことにしました。

翌日、まだ日が昇る前から夫と2人で手分けして茶々を探すことに。

わたしは昨日の団地を中心に中のほうまで探し行くことに。
敷地も広く、建物の数も多かったので、団地の中だけ探してもかなり時間がかかりました。

日が昇る直前・・6時半くらいから探し始め、9時過ぎまで探しましたがまったく見つけることができず、家に戻り、保健所に電話をすることに。

保健所の方のアドバイスで、他にも動物園や野鳥などの連絡がはいる施設・茶々もお世話になっている猛禽類を診れる動物病院や福岡市周辺の保健所にも連絡しました。

保健所など管轄があって、管轄外の保健所・・たとえば、福岡市ならその周辺の市の保健所など、個別に連絡しておいたほうがいいそうです。
犬や猫なら、行動範囲もそこまで・・ではないかもしれませんが、鳥の場合の行動範囲は正直予想もつきません。

月曜日の午後から雨が降り出し、雨の中は飛ばないだろう・・ということで、探すのは午後からにして、また雨の中を探しにまわったのです。

近くのコンビニやクリーニング屋さんなどにも個別にお客さんから目撃情報があったら・・という感じで連絡してあるきました。

チラシは配らなかったのですが・・
本当は配っておけばもっと良かったと思いました。

以前、文鳥がいなくなったときに、チラシもくばり、新聞やラジオでも呼びかけたのですが見つからず・・(もちろん警察にも届けました)そのときの思いがあって。。少し絶望的になっていたのです。

同じように、ネットの鳥の迷子掲示板。
あちらにも文鳥のときにあちらこちらに書き込んだのですが、連絡はなく・・ペット探偵からの連絡だけでかなり絶望的になっていて、今回は書く気になれませんでした。

ただ・・翌日・・だったかな。

娘がツイッターで呼びかけているという話を聞き
更にそのリツートが5000を越えているという話を聞き、わたしもやる前から諦めるのではなく、やれることはやろうと思い、迷子掲示板にも書き込むことにしました。

ニックネーム かすみ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカチョウゲンボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

冒険2

わたしの手から逃げ出してしまった茶々。

他の家の屋根の上でしばらくじっと様子をみているようですたが、家族が呼んでも降りてくる気配はありませんでした。

はじめての自由な外。
飛び立とうか、どうしようか・・迷っている感じでした。

夫が近所の家からはしごを借りてきて、家の人の許可をもらって屋根に上ることにしましたが、屋根が独特の形状で(瓦じゃない)、コケは生えているし、勾配が急だし・・ということで、長女は上ることはできたのですが、わたしや夫は上れません。

長女が上ったところから、茶々のいるところまでまだ一段上で、そのままでは長女は上に登ることもできず、結局降りることしかできなかったのです。


今思えば・・何故その位置から呼びかけることをしなかったのか。

ともかく、パニックになっていたわたしたちには、直接茶々を捕まえることしか頭にありませんでした。

オタオタしている間に、茶々は飛び立ち、今度は向かいのマンションの屋上に。

あわててそのマンションの屋上に向かいましたが、あがれないようになっています。
そのマンションの管理をしている人の部屋を聞いてたずねてみましたが、留守。
今度は管理会社を探して電話をしましたが、最初夫が話したときは断られてしまいました。
(まぁ・・当然ですが)

次にわたしがまた電話して、必死に頼んだから、上れるかどうかともかく担当に問い合わせてみると。
(電話したところは、他県の別のところだったので)

その間も下からずっと茶々を呼んでいましたが、まったく無反応。

そのうちにまた別のマンションに向かって飛んでしまいました。

そのあとに、管理会社から連絡がきて、料金はとるけどセコムが屋上にあがってくえれると・・。
でも、もうそのときには飛び立っていたので、お礼を言って電話を切って・・

茶々の飛んでいった方向に探しに行ったのです。

もうそのときには18時を過ぎていたかな。
あたりはすっかり暗くなってきていました。

次のマンションまでは夫と次女が目視していたようですが、夫がそのマンションの該当する部屋の方に事情を話してベランダを見たときにはもう茶々の姿はありませんでした。

わたしのほうは次女と合流し、次女の言うマンションに向かっていたのですが。途中空を何かが飛んだような・・。

茶々かと思ったのですが、次女は見てないと・・。

それで旦那のいるマンションにむかったのですが、今から思えば何故その影を追わなかったのか、また後悔することになったのです。

夫を合流し、茶々を見失ったことを聞き・・もうすっかり暗くなっていたので、これ以上茶々を飛ばないだろうということでひとまずそのときは探すのを諦め、家に帰ることにしました。


友人が茶々をかったショップに問い合わせたところ

逃がしてから3時間くらいが勝負だということ。
(行動範囲が広がるから)
チョウゲンボウは風下に飛ぶのだということ。

を聞いてくれました。
ニックネーム かすみ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカチョウゲンボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

茶々の冒険1

先週は本当にバタバタでした。

内容が内容だったので、ブログにも書く気が起きなくて・・。



それというのも、12/8(日)、我が家の愛鳥・茶々が迷子になってしまったのです。

その日は本当にいろんなことが・・でも、小さなことがかさなってしまいました。

茶々の日光浴をかねて、家族で出かけようとしていたのですが、急遽子供たちは行かないことになり、ならば茶々も置いていこうか・・と思いながら、日光浴もかねているし・・と連れて行くことに。

最初は神社にいくつもりだったのですが、道中、ちょっと(気分的に)問題が起こり取りやめに。
食事と買い物だけして帰ることになったのです。

茶々にしてみれば、車で疲れただけ・・かな。

しかも、その日はわたしははじめて着る赤いポンチョを羽織っていて、それが茶々がいやな様で車の中では脱いでいたのですが、家についたときには荷物になるからとまたつい羽織ってしまったのです。


さらに・・いつもは駐車場に人はいないのですが、出かけるときにもいた家族が、今度は犬連れでいるのです。
(茶々は犬とか猫が嫌い)

わたし自身も体調をちょっと崩していて、腹痛で・・
最初夫は、わたしだけ先に下ろして自分が茶々を連れて行くといっていたのですが、少しわたしの様子が落ち着いたと思ったのでしょうか・・一緒に駐車場まで戻ったので、わたしが茶々を連れて出ることに。

自分自身が腹痛であせっていたことや、茶々の嫌いな犬からちょっとでも遠ざけようとあせっていたのもあって・・

道の途中で、ふいに手にまとわりついていたポンチョのすそを払ったのです。

それにびっくりした茶々が飛び出して・・

外出のときは、茶々の足にリードをつけて、それを指に2〜3重に巻いたうえで握っているのですが・・・
その日もそうしていたのに、腹痛のせいか、あせっていたせいか、わたしの手からリードはするりと抜けて、茶々が空に飛び立ってしまったのです。

あっという間に建物を回りこんで見えなくなってしまいました。

夫は大慌てで茶々の飛んでいったほうに走っていき・・すぐに茶々がこっちにいる!というような声が聞こえてきました。

わたしは子供たちを呼んで荷物を預け、夫の声のほうに走っていくと、茶々は他家の屋根の上にいたのです。
ニックネーム かすみ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

合同慰霊祭

アルちゃんの一周忌の合同慰霊祭に参加してきました。

去年より参加者が多かったようです。

始まる前に、運営者とお坊さんからの話しがあったのですが、なかなか長かったです。

だけど中身は興味深いものが・・。



ペット霊園にいる動物たちはある意味、愛されて幸せだった子ばかりです。

アルちゃんがお世話になった霊園は、福岡市から市で処分された動物たちの火葬と埋葬も任されているそうです。
福岡市長の高橋氏の活動で、保健所に送られて処分される動物たちの数が激減しているということ。
更に、ガスで窒息させるというむごい殺し方から安楽死の方向に・・という動きになっているらしい。

恥ずかしいことにわたしは知りませんでした。

それでも同じ福岡県でも、他の市町村がそうだというわけではなく、やはりガスで苦しんで殺された挙句、ゴミとして処分してしまうところもあるとか・・。

霊園では、その子たちの亡骸だけでも引き取らせてもらい、こちらで供養できないかと働きかけているという話でした。


合同慰霊祭に集まっているペットの飼い主たちは、いまだ自分が愛した動物を思い涙するような人がほとんどですが、同じペット飼いの中には、面倒を見れなくなったペットを保健所に持ち込むような人間もいるわけです。

動物を飼っている人だけじゃなく、飼ってない人にも本当に人間性を疑う人も多いのも事実です。



続きを読む
ニックネーム かすみ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ウサギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

1年

もう1日過ぎちゃったけど、11月22日は我が家の愛兎アルが1年前にお月様に帰った日です。

早いものであれからもう1年。

まだ1年・・というよりも、もう1年。

毎日泣いていたけど
だんだん泣かなくなって

それでも思い出さない日はなくて

今でも毎日アルちゃんの遺影の前に、ご飯とお水をあげています。

あまり花など飾らなかった我が家だけど、アルちゃんのためにお花を生けています。


一周忌の案内が先月に届いたんだけど、ちょうどわたしの病気問題でバタバタしていて、ついうっかりしちゃって・・・

代わりに明日の日曜日の合同葬儀に参加させてもらうことにしました。


アルちゃんの遺骨はまだうちにあります。

1年たったから、本当は土に返してあげたほうがいいのかもしれないけど、やっぱり寂しがりだったアルちゃんを知らない場所に一人ぼっちにする気になれなくて、旦那にも相談したけど

「ずっとうちにおいてあげよう」

という話になっています。

それが本当にいいことかどうかはわからないけど、正直・・・

自分が死ぬかもしれないという病気を経験して、死について考えたことがあるだけに、”死”というものは本当は残された人たちにこそ大きな意味があるものなのでは・・と思ったことがあるのです。

死んだことがあるわけじゃないから、死んだ人の世界はわからないけど・・
でも、死んでしまったらそこで本人は終わりだけど、残された人はずっと思いながら、考えながら過ごしていく分、辛さとか・・そういうものは残された人にこそあるんじゃないのかなと思ったから


その残されたわたしたちが、アルを失った悲しみに耐えるためにちょっとワガママいってもいいかな・・なんて甘いことを考えてしまっているのです。


あの世じゃ、全部の動物たちが仲良く過ごしているのかもしれないけど、正直、合同で埋葬してもらうと犬も猫も一緒だし・・

ウサギだけの霊園でもあれば、まだそこに眠ってもらってもいいかなと思うのですが、やっぱり・・犬や猫とウサギがいっしょ・・となると複雑な気持ちになっちゃうのでした。
ニックネーム かすみ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ウサギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

2013年08月31日のつぶやき





ニックネーム かすみ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする